脱毛の種類とその方法について

自己処理というのは、脱毛サロンや美容クリニックに比べてお金もかからないし、いつでも簡単にお手入れできますが、どうしてもお肌のトラブルやダメージと背中あわせですので、やはり美肌を保つためにはサロンやクリニックに行ってプロに脱毛してもらうのが一番です。

ただ、脱毛サロンと美容クリニックでは脱毛方法が全く異なります。施術方法はもちろんのこと、効果や痛みなどいろいろな部分で変わってきます。そこで今日は、脱毛サロンやエステで主流となっている光脱毛と、美容クリックで行われる脱毛方法の一つ、レーザー脱毛について紹介したいと思います。

光脱毛は、フラッシュ脱毛とも呼ばれ、カメラのストロボのような光をあてて毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えていく脱毛法になります。レーザー脱毛と比較すると光の強さが弱いため、痛みもほとんど感じないといいます。

この光は黒い部分に反応し毛乳頭の発育を抑えてくれるので、少しずつムダ毛が目立たなくなっていきます。毛根自体の組織を壊すわけではないのでお肌にやさしいといわれています。

ただ、光脱毛は永久脱毛ではないためどうしても毛が生えてくることはありますが、施術を受ける前と比べても自己処理がいらないくらいにむだ毛は薄くなるようです。次に美容クリニックのレーザー脱毛ですが、こちらは一般に永久脱毛とも呼ばれています。

メラニン色素に反応するレーザーの光を毛乳頭という部分にあてながら、その熱によって毛母細胞、毛乳頭を壊しながらの脱毛をしていきます。なお、レーザー脱毛は医療行為にあたるため、美容外科や皮膚科のみの施術方法となります。

毛根を破壊するため非常に脱毛効果は高いものの、どうしても痛みが伴うので、クリニック選びは慎重に行うことが大切です。また、昔ほど高額ではないものの、脱毛サロンの光脱毛と比べる料金が高いのが現状です。